03-6228-6278 受付時間10:00~19:00
WEB予約
  1. トップ
  2. 治療をさがす
  3. ホワイトニング

Whitening ホワイトニング

医療機関だからこそ実現できる、歯本来以上の白さ
漂白効果の高い過酸化水素が入ったホワイトニング剤は、
医療機関でのみ取り扱うことが許されています。
歯の内部から漂白でき、歯本来の色以上の白さを目指せます。

ホワイトニングとは、歯を削ることなく薬剤を使って化学的に歯を白くする処置です。 また患者様のライフスタイルに合わせて、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」の3つの方法をお選び頂けます。 当院では、歯科医師の管理のもと安全に理想的な歯の色に近づけることができます。

歯の色は無色透明なエナメル質と象牙質の色で反映されます。 人によって色が違うわけですが、それが加齢や遺伝などによって、よりエナメル質は薄くなり、また象牙質には厚みが出て濃く見えてきてしまいます。ホワイトニングではこのエナメル質と象牙質の漂白をします。

当院では高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に短時間塗布することで歯を白くします。 従来の紫外線光や高温になるレーザーを使わないため、歯にやさしい方法です。薬剤を塗っている時間も1回20~30分と短く、歯への熱の影響がありません。 またその場ですぐに効果が現れます。

施術の種類
メリット
デメリット
ジェルのみ
痛みが少ない
効果が高い
導入医院が少ない
レーザー照射
光照射よりは痛みが少ない
痛みが出やすい
効果があまり高くない
光照射
導入医院が多い
痛むことが多い
効果が低い

ホワイトニングの種類

医療機関のホワイトニングは、歯科医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを併せたデュアルホワイトニングの3種類があります。

  • 01

    歯科医院で行う

    オフィスホワイトニング

    プロにおまかせ!歯科医院でプロに行ってもらうホワイトニング。ジェルのみでも1回の施術で効果を実感していただきやすいです。

  • 02

    ご自宅で行う

    ホームホワイトニング

    手軽に理想の歯の色に!マウスピースを使用し、ご自身の好きな時間にできるホワイトニング。時間をかけて薬剤を浸透させるので、歯の内部から白くすることができ、効果も長持ちします。

  • 03

    オフィスとホームを併せた

    デュアルホワイトニング

    オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニングの持続性を兼ね備えた治療方法です。

01

Office Whitening オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの特徴は、即効性があることです。1度の施術で効果を実感してお帰りいただくことができます。

  • オフィスホワイトニングのメリット
  • オフィスホワイトニングのデメリット
  • 即効性がある

    歯科医院でのみ使用できる高濃度の薬剤を塗布し、歯を白くしていきます。多くの方が、約1時間の施術で効果を実感しています。
  • 痛みが少ない

    当院では特殊なホワイトニングの薬剤を使用しています。レーザーや光を当てることなく、ジェルのみで施術を行うことが出来ます。最大のメリットは歯に熱を持たせないこと。しみるような痛みを感じることなく施術を受けていただけます。
    歯が熱を持たないので、クールダウン期間を空けずに連日の施術も可能になりました。
  • 理想の白さを実現できる

    オフィスホワイトニングでは、歯についた汚れを専用の機械で清掃して除去してから行います。
    そのため、よりホワイトニングの効果が高まります。白さをきちんと定着させたい方、後戻りを防ぎたい方は、繰り返しのオフィスホワイトニングに加えてホームホワイトニングも併用することがもっとも効果的です。
  • プロに施術を任せることができる

    オフィスホワイトニングは、来院型のホワイトニングのため、施術中はご自身で行う作業はありません。ご自宅で行うホームホワイトニングのように、ご自身で処置を行うことが苦手な方などに適しています。
  • 安全・安心

    歯科医院以外にも、セルフホワイトニングという形でホワイトニングを提供する場所が増えてきています。
    しかし、医療機関ではないエステやサロンでは、知覚過敏や歯肉の炎症などは対処することができません。オフィスホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士が行うため、万が一のトラブルにも即時対応が可能です。
  • 一般歯科治療も行える

    歯科医院で行うオフィスホワイトニングでは、施術前に虫歯や歯周病といった一般歯科治療を優先することが多いです。
    これは、お口の健康の向上の他に、お口全体の歯の色合いを調和し、ホワイトニングを効果的に行うためです。
  • ムラのない仕上がりが期待できる

    歯科医師や歯科衛生士が行うため、ご自分では鏡越しでしか見えない部分でも、ムラなく処置を行うことが期待できます。
    目視しやすい前歯の他に、笑った時に覗く臼歯部までしっかりと処置を行うことができます。
02

Home Whitening ホームホワイトニング

ご家庭で行うことができるため、手軽にマイペースで理想の歯の色合いを目指すことができます。

  • ホームホワイトニングのメリット
  • ホームホワイトニングのデメリット
  • 通院不要

    もちろん、マウスピースを製作するための型取りなどが必要なため、1度の来院は必要ですが、マウスピースとホワイトニング用のジェルをご購入いただいた後は、ご自宅でご自身のタイミングに合わせた処置となります。
  • 「ながら」ホワイトニングが可能

    ご自宅にて、マウスピース内に専用のホワイトニングジェルを注入して装着します。装着は使用する薬剤などにもよりますが、一般的には2時間程度を、テレビを見ながら、読書をしながらなど、ご自分のペースで行うことができます。
  • 効果がゆっくり

    即効性がなく、ゆっくりとした歯の色合いの改善になるため、他人からホワイトニングしたということを気づかれにくいメリットがあります。徐々に色合いが改善していくため、より自然な口元を目指せます。
  • 効果が維持しやすい

    ゆっくりと効果が出るホームホワイトニングは、継続した利用で白く改善した色合いを長期間維持することが可能です。
  • 全体を白くしやすい

    光照射を必要とするオフィスホワイトニングと比べて、ホームホワイトニングでは、マウスピースを使用するため、光の当たり具合によるムラが起こりにくいと言えます。そのため、歯並びが悪い箇所があっても、十分に均一に薬剤が到達することが期待できます。
03

Dual Whitening デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングを並行して行う治療方法です。
色調の改善がわかりやすく、効果の持続にもメリットがあります。2つのホワイトニングの利点を併せた効果的な治療法です。

  • デュアルホワイトニングのメリット
  • デュアルホワイトニングのデメリット
  • より短期間で効果的に

    即効性と持続性の2つのホワイトニングのメリットを併せもつデュアルホワイトニングは、より短時間で効果が期待できます。
    即効性のあるオフィスホワイトニングの後に、ホームホワイトニングを継続することは、色調の維持やより改善した色合いへと進めることができるためです。
  • 改善した色合いを維持できる

    即効性のあるオフィスホワイトニングには、後戻りしやすいというデメリットがありますが、徐々に色調の改善を行うホームホワイトニングをかけあわせることで、改善した色合いを維持することが期待できます。
  • 色調の改善にムラがない

    オフィスホワイトニングのみでは、歯並びの影響で薬剤が届きにくい箇所があっても、ホームホワイトニングを並行することで全体をムラなく改善することができます。
  • より理想の白い歯へ

    効果的なオフィスホワイトニングであっても、施術を繰り返すと効果を実感できなくなることがあります。 デュアルホワイトニングでは、段階的な色調の改善で優れるホームホワイトニングを併用するため、より色調の明度を改善することが可能とされています。
  • 歯科医師や歯科衛生士による診察

    オフィスホワイトニングを行うために、来院が必要です。その際に、新しく虫歯ができていないか、歯肉には問題がないかなど、お口全体の健康状態の確認も行うことができます。ホームホワイトニングを安全に継続するためにも、診察を受けることは大切です。

より確実に白くしたい方へ

白さをきちんと定着させたい方、後戻りを防ぎたい方は、繰り返しのオフィスホワイトニングに加えてホームホワイトニングも併用することがもっとも効果的です。
効果が高く強い薬剤を使用するオフィスホワイトニングでグッと白さを上げ、それをキープさせ次回の施術につなげる役割を果たすのがホームホワイトニングと言えます。
例えば芸能人やアイドルの方など常にお口元が白く明るい方は、定期的にメンテナンスに来院されることが多いと言えるでしょう。

専用の機械を使って効果をチェック

1回のオフィスホワイトニングでどのくらい白くなったのかを、色を数値化する専用の機械を使用して測定します。鏡を使っての目視だけでなく、客観的な数値を確認することで、よりホワイトニングの効果を実感していただけます。
(この機械は数値が低くなるほど白さがトーンアップしていきます) 一般的に、日本人の平均的な歯の色は約7.0~8.0とされています。対して、ホワイトニング白くすることのできる限界の数値は約3.0です。短期間でしっかりと白くしたい方には、オフィスホワイトニングを3~4回行うことで効果を実感していただけます。ホワイトニングで白く出来る程度には限界がありますので、それよりも白く明るくされたい場合にはセラミック治療をお勧めしています。

ホームホワイトニングの併用もポイント

当院では効果をより実感していただくため、ホームホワイトニングの併用もおすすめしております。オフィスホワイトニングを行う1回目と2回目の間、2回目と3回目の間など、期間が空くと“色戻り”という現象が起きてしまいます。色戻りにより、せっかく白くした歯に再び色がついてしまうので、この色戻りを防ぐ目的と、オフィスホワイトニングで白くした色の持ちをよくするために、ホームホワイトニングを毎日併用していただいております。
歯科医院で行う高濃度の薬剤によるオフィスホワイトニングと、お家で毎日行うホームホワイトニングを併用することで、少ない回数でホワイトニングの効果が実感できます。

施術の種類
メリット
デメリット
効果
ホワイトニング併用
限界まで白くできる
即効性があり、最も早く白さを実感できる
長期間白さをキープできる
費用がかかる
最短1週間~、A2まで
オフィスのみ
即効性があり、1度の施術で
白さを実感できる
後戻りが早い
期間を空けずに複数回来院が必要
併用に比べ、白くなるまでに時間がかかる
約1ヵ月~2ヵ月(4~5回)、
A4まで
ホームのみ
自宅で簡単にできる
リーズナブル
白さを実感するまでに時間がかかる
白さの限界がある
約1ヵ月~2ヵ月(2回/毎日)、
A5まで

Flow ホワイトニングの流れ

  1. 01まずはカウンセリング(無料)

    まずはカウンセリングを行います。現在の歯のお色のチェックや、ご希望の白さ等をお伺いします。治療がスタートする前に、金額や全体の流れをきちんと説明いたします。疑問や不安など、気になることは何でもご質問ください。
    ポイント:治療前に、シェードアップナビという専用の機械を使用して歯の色を測定します。「なんとなく白くなったかな?」ではなく、どの位白く明るくなったのかを数値でしっかりと確認して頂けます。
  2. 02歯の汚れをエアフローでお掃除

    ホワイトニング前に、エアフローを使って汚れをしっかり落とします。空気と水を高圧で噴射するエアフローを使うことで、目に見えない汚れや、歯ブラシでは落ちない汚れを落とすことが出来ます。白くなる効果をしっかり高めるための、大切なステップです。
  3. 03歯ぐきの安全もしっかり配慮

    オフィスホワイトニングに使用されるジェルは濃度が高いので、歯ぐきに触れないよう、特殊な材料でしっかりカバーします。歯1本1本に行うので手間のかかるステップですが、着色が濃くなりやすい歯の根元までしっかり白くするために必要なステップです。

Overview ホワイトニングの治療概要

治療方法
ホワイトニング
治療説明
専用の薬剤を使って歯を漂白することで色調を改善させる処置です。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホー
ムホワイトニングに大別されます。
治療費
30,800円〜77,000円(税込)
治療の副作用(リスク)
後戻りの可能性
ホームホワイトニングは効果の発現に時間がかかる
知覚過敏症に似た症状の発現リスク
修復物や補綴物の色調改善効果はない
適応症例
加齢に伴う変色
飲食物による変色
嗜好品による変色
テトラサイクリン歯や歯牙フッ素症などの変色歯
ダウンタイム
なし
不適応の症例
薬・ゴム・クリームなどにアレルギーをお持ちの方
無カタラーゼ症の方
紫外線アレルギーの方
妊娠中、授乳中の方
エナメル質や象牙質形成不全症
強い歯ぎしりで歯が欠けている症例
大きな虫歯、歯周病、知覚過敏が強い方

Faq よくあるご質問

医療のホワイトニングとセルフホワイトニングは何が違いますか?
医療のホワイトニングは、専用の薬剤を使って歯を漂白して白くします。セルフホワイトニングは、歯磨き粉などを使って歯の着色汚れを取り除きますが、歯そのものを白くするわけではありません。歯を白くすることができるかどうかが、大きな違いです。
ホワイトニングの痛みは強いですか?
それぞれの歯の状態や痛みの感じ方にもよるため、一概には回答できませんが、ホワイトニングによる刺激は、施術後1、2日で消退すると言われています。
歯のエナメル質の厚みによっても、刺激の感受性が異なると言われています。
強い痛みがある場合には、歯に亀裂が入っている可能性や、虫歯の場合があるのでお早めに受診しましょう。
薬剤の安全性が気になります。ホワイトニングの薬剤を少し飲み込んだかもしれません。
安全性が高い薬剤を使用しているため、多少飲み込んだ場合でも、身体に影響はありません。
過酸化水素は、根管治療の消毒での使用や、もともと生体内でも発生する物質ですし、過酸化尿素についても歯周病治療などで用いられている薬剤です。
ホームホワイトニングのトレーが変形してしまいました。装着できますが緩く感じます。
トレーの変形防止のために、熱湯での洗浄は行わないようにお願いいたします。また、変形したトレーの使用は、口腔内への薬剤の流出の原因にもなるため、お勧めできません。
ホワイトニングをムラなく行うためにも、トレーを作り変えることをお勧めします。

Price 料金

ワンデー

  • Zetithトライアルホワイトニング12本

    通常価格/¥19,800

  • Zetith one day ホワイトニング 12本

    モニター価格/¥26,400 通常価格/¥33,000

  • 1本追加

    通常価格/¥2,200

  • オプション(ホームホワイトニング・ジェル2本付き)

    通常価格/¥22,000

Zetithホワイトニング 2回コース

  • 6本

    モニター価格/¥52,800 通常価格/¥66,000

  • 12本

    モニター価格/¥67,584 通常価格/¥84,480

  • 14本

    モニター価格/¥73,920 通常価格/¥92,400

  • 16本

    モニター価格/¥79,552 通常価格/¥99,440

Zetithホワイトニング 3回コース

  • 6本

    モニター価格/¥63,360 通常価格/¥79,200

  • 12本

    モニター価格/¥88,704 通常価格/¥110,880

  • 14本

    モニター価格/¥98,560 通常価格/¥123,200

  • 16本

    モニター価格/¥107,008 通常価格/¥133,760

Zetithホワイトニング 4回コース

  • 6本

    モニター価格/¥73,920 通常価格/¥92,400

  • 12本

    モニター価格/¥109,824 通常価格/¥137,280

  • 14本

    モニター価格/¥123,200 通常価格/¥154,000

  • 16本

    モニター価格/¥135,168 通常価格/¥168,960

  • ※ホームホワイトニング+ジェル付きです

ホワイトニングメンテナンス 6本~

  • 6本

    通常価格/¥13,860

  • 12本

    通常価格/¥27,720

  • 14本

    通常価格/¥32,340

  • 16本

    通常価格/¥36,960

ホームケア

  • ホームホワイトニングトレー片顎セット+ジェル2本

    通常価格/¥22,000

  • ホームホワイトニングトレー上下顎セット+ジェル4本

    通常価格/¥38,500

  • ジェル1本

    通常価格/¥3,300

  • ジェル4本セット

    通常価格/¥12,100

  • クリーニング /1回

    通常価格/¥14,300

  • ※料金はすべて税込表記です
  • ※この他の料金についてはお問合わせください

Reserveご予約・お問い合わせ

ゼティスデンタルクリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ9F

東京メトロ
「銀座一丁目駅」7番・9番出口より徒歩1分
「京橋駅」2番出口より徒歩2分
「銀座駅」A13番出口より徒歩5分

JR
「有楽町駅」京橋口より徒歩5分